ゴミ屋敷の問題

- ゴミ屋敷の問題

ゴミ屋敷の問題

度々社会問題としてニュースに取り上げられているゴミ屋敷の問題をみたことがある人も多いことでしょう。
ただ単に片づけができない人も中にはいますが、ある種の収集癖が生み出すものという見方もあります。
中には経済的な面からリサイクル品を収集しお金に変えようとして家財が増えてしまったというケースもあります。
しかし裕福な家庭に生まれ育ったとしても、たとえ芸能人であったとしてもゴミ屋敷を作り出してしまうことはあるのです。
これらは強迫性障害と呼ばれ、異常行動の一つとして考えられています。

近隣への迷惑

部屋が片づけられない、というレベルでは隣近所に迷惑をかけることはめったにありません。
しかし、ゴミ屋敷と呼ばれる種のものにおいては寝るスペースもないほどの所有物を蓄積することによってネズミやゴキブリなどを発生させるレベルのものもあるのです。
それだけでなく、ボヤの原因ともなりかねず、近隣にゴミ屋敷がある人は気が気ではありません。
そういった経緯で行政に相談に訪れる人も増えています。

発生の背景

今まで発生した例をみてみると、地域からの疎外感や地域や親族への不信感が元でゴミが捨てられなくなってしまうというケースが多いようです。
もしくは地主であったり資産家であり土地がある故にゴミを捨てることをしなくなり、ゴミ屋敷を作り出してしまうというパターンです。
また、収集癖がエスカレートして物を集めることへの達成感から深みにはまってしまったという例もあります。
ゴミを出すという行為が良いことではありませんが、ものをためこむということは掃除が行き届かず衛生面にもよくないため病気を引き起こす原因にもなりかねません。

所有地に他人が介入することができないため、問題が発覚した時点では手遅れになっていることも少なくありません。
万一の地震や火事の時にも逃げ遅れの原因ともなる為、周りの人でこのような問題を抱えている人がいたら不用品の回収を行っている業者などに相談を持ちかけてみるのも一つなのかもしれません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »